毛深い女性であるというコンプレックスは脱毛サロンで解消しよう。

毛深い女性であるというコンプレックスは脱毛サロンで解消しよう。

毛深い女性であるという強いコンプレックスを
抱いて今まで生きてきました。うちの家系はみな
剛毛で、お母さんもお姉ちゃんも妹もみな剛毛で
毛深いのです。

 

もしかしたら遺伝なのではないかということを
疑っていたのですが、毛深いのは運命だと思って
いかにしてこの毛深い体毛を処理するかが大きな
課題となっています。

 

特に社会人に鳴ってからは毎日仕事で忙しく、朝
早く起きて顔を洗ってご飯をたべてあわてて電車
に乗って出社するわけです。

 

会社に到着すると、営業の外回りでひたすら得意先
のところに行かなければならず、休んでいる暇も
ありません。

 

そして仕事が終わると、終電ギリギリで帰宅する
のでお風呂に入って晩御飯を食べたらすぐに寝たい
気分です。

 

こんな生活をしているうちに、どんどん体毛が増えて
しまって、大変なことになっていました。比較的
時間にゆとりのある土日に自分で家庭用脱毛器を購入
してムダ毛の体毛処理を自分でしてみました。

 

たしかに腕や足など、自分の手の届く部位であれば
自分でキレイに脱毛することができるのですが、問題
は背中やVライン、Iライン、Oラインなどのデリケート
ゾーンです。

 

鏡を見ながら脱毛器を使ってみたのですが、なかなか
手が届かないですし、デリケート−ンの場合は、肌が
痛みやすく、ヒリヒリしてしまったのでした。

 

正直言って空気に触れるだけでもヒリヒリするという
くらい大変な失敗をしてしまいました。

 

私はこの失敗に懲りて、ついには家庭用脱毛器で体毛処理
することに限界があることを把握しました。同じような
毛深い女性であることをコンプレックスにしている友人
に相談してみたのですが、どうやら脱毛サロンに行けば
アッサリと解決するという話をききました。

 

しかし脱毛サロンというのは料金が高くてなかなか庶民
には通うことは難しいというイメージがありました。たし
かに一昔前までは金持ちしか脱毛サロンに通うことはでき
なかったわけですが、今は時代が変りました。

 

500円、1000円程度のポケットマネーで初回限定
のキャンペーンを実施している脱毛サロンがとても多い
ということを知りました。

 

これは本当に大きなチャンスだと思い、最も自宅から近い
脱毛サロンを予約してみました。実際に脱毛サロンに行く
とカウンセリングがあり、自分が脱毛したい部位について
脱毛計画をたて、施術の説明を聞くことができました。

 

特殊な脱毛器具を利用するということでなんだか痛そうだ
という不安はありましたが、光脱毛という痛みを緩和した
器具を利用すれば敏感肌の人であってもさほど痛みは無い
ことを知り、安心して脱毛することができました。

 

しかも処理時間は20分程度だったので、自宅で脱毛を
するとなると最低でも1時間はかかっていたので、とても
時間の節約をするにはうってつけであると思いました。

 

いま思うと、なぜもっと早く脱毛サロンに通わなかったの
かと後悔しています。

 

初回の方は、格安体験をしておくべきです。